体型を最も美しく見せる

「素材の質感」と「形」を導き出す骨格スタイル分析

体型をよりよく見せる骨格スタイル分析は 
単なる「太っている」「やせている」で判断するというものではありません。
生まれ持って違う一人一人の筋肉、脂肪や関節など
身体の質感やボディラインの特徴を知ったうえで
より美しくスタイルアップに見せる
ファションスタイリングを導き出す手法です。
身体の特徴を見るために、ボディタッチをして、筋肉のつき方、ライン、骨格の構造を分析します。
骨格スタイルは、筋肉・脂肪・関節の特徴やボディの質感により3つのスタイルに分かれます。
イラスト提供:一般社団法人 骨格スタイル協会

<特徴>

身体に厚みがあり立体的

筋肉がつきやすくグラマラス

ハリのある人

しっかりと食べる

上重心

 

シンプルですっきりした洋服が似合う。テーラードのジャケットをさっそうと着こなせるストレートタイプ

<特徴>

身体に厚みがない

平面的

脂肪がつきやすい

柔らかい質感

下重心

 

ソフトなものやエレガントなものが似合い。ふわっとした立体感のあるものを可愛らしく着こなせるのがウェーブタイプ

<特徴>

やや平面的

骨太で骨格や関節がしっかり

肉感的なものを感じさせない

太ると大柄になる

重心の偏りはない

 

骨格がしっかりとしているので、ボディラインを出さないデザインが似合う。大きめの服やワイドパンツをカッコとくおしゃれに着こなせるのナチュラルタイプ

身体の関節、筋肉のつき方、ラインなどをボディタッチして分析します
衣服をあてて検証してみます
<ストレート仕様>
Vのセーターで胸元が、すっきり、タイトスカートで腰回りもすっきり。この着こなしが一番お似合いに
<ナチュラル仕様>
太いゲージのニットカーディガンが着膨れして見え、ダメージジーンズがだらしない印象に
<ウェーブ仕様>
胸元のリボンがボリュームを生み、ギャザーのよったシフォンタイプのスカートが腰回りをふっくらさせ太って見える
タイプが決まったら、アクセサリーの似合うを確認をしていきます。
バックや靴も似合うを確認していきます